管理系先輩社員

三池 晋

企画室 経営企画グループ
グループリーダー
中央大学 経済学部卒
2011年入社

社長のサポートが大きな力に。
会計士の知識を生かして
期待に応える。

大学在学中に公認会計士試験に合格。
入社後、実務経験を積む機会を与えてくれた。

「公認会計士の試験に合格したのが大学4年生のとき。監査法人に就職したかったのですが、うまく行かず、卒業も間近に控え就職先がなく困っていました。そんなとき、大学の就職課で紹介されたのが昭栄化学工業でした。『難関と言われる試験に合格できたのは、大学時代に一生懸命勉強したからこそ。悪いようにしないから安心して来なさい』と社長(=現会長)に優しい励ましの言葉をかけて頂いたのが、この会社でお世話になる決め手でした。」

実は、公認会計士になるには、試験に合格するだけなく一定の実務経験が求められる。この会社では実務経験を積むことはできないだろう──公認会計士への道を半ば諦めていたが、会社が取引先の監査法人に頼んで実務経験を積む機会を与えてくれた。

2年目で経営層を補佐する立場に。
勉強しては人に聞くことを繰り返した。

その後、2年目からは経営企画グループに所属。社長や取締役との距離が近く、会社の計画策定や経営層の補佐にも携わる重要な部署だ。

「社長からの要望はレベルの高いものでした。入社2年目の私が、経営会議の資料作成や、海外子会社を含むグループ全体の予算立案に関わらせてもらえたんです。会計分野だけでなく、技術者とディスカッションして新規事業を推進する役割など幅広く担当させてもらいました。」

わからないことだらけだったが、とにかく一生懸命勉強しては人に教えを請うことを繰り返した。会計士としての知識も少なからず役立ち、次第に社長の要望に応えられるようになっていったという。

社内最年少でマネージャーに抜擢。
海外子会社の現場を見て視野が拡大。

こうした成長が認められ、28歳のときに社内最年少でマネージャーに就任。さらに活躍の場は広がっていく。

「今は毎年、社長に同行して海外子会社を訪問させてもらっています。英語は苦手なんですが、現場でどんな人がどんな雰囲気で働いているのかを感じることが重要だと言われて。カナダの子会社へ行った際、日本の生産現場と同じように、現地の方々が高い意識を持って働いている姿を目の当たりにしました。当社の社風がそのまま遠くカナダにも受け継がれているようで感動しました。こうしたことを早いうちに経験できたのは、非常に大きな収穫でしたね。以前は現場を数字でしか見ていませんでしたが、それに血が通ったように感じています。」

そんな経験が生きているのか、今では各部の部長を相手にしても物怖じすることなく、さまざまな議論を進めている。まだまだ知識や経験は足りないが、関係者はみな真剣に話を聞いてくれるという。

「先日はオレゴン州知事と握手する機会もありました。私のような若手がこんな経験をさせてもらえるなんて、ほかの会社ではなかなかないと思います。」

社内の課題解決に向けて自ら問題提起。
企業としての成長を手伝っていきたい。

最近は、社内の課題を提起する役割にも積極的に挑戦。設立62年目を迎えた昭栄化学工業だが、技術面で高いレベルを誇っているのに対し、会社管理の面ではまだまだ不十分なところがある。これは、改善の機会が数多く眠っているということだ。

「解決が難しい課題もありますが、自分から提起して挑んでいきたい。この会社が今後何十年と成長を続けていくためには何が必要なのか、解決に向けた仕組みづくりを手伝っていきたいですね。志を同じくする仲間が増えてくれることを願っています。」

先輩社員一覧へ